ホーム - 登録依頼 - ヘルプ 

3 膣の環境も大切

 3 膣の環境も大切

 

基本的に、赤ちゃんの性別を決めるのは精子です。

しかし、女性側にも性別を左右する要素はあります。


それは、膣内の環境(pH ペーハー)です。

普通、膣内は酸性の粘液でおおわれていて、
外部からの病原菌や細菌が進入するのを守ってくれます。

 

しかし、排卵日が近づくにつれて、
酸性が中和され、排卵日には膣内の酸性はもっとも弱くなります。

 

これは、精子が卵子に到達しやすいように自然に態勢を整えるているためです。

 


 

感じると、膣内の酸性は弱まります。

膣内のpH(ペーハー)を変えるのは、排卵のサイクルだけではありません。

 

女性は中、快感を覚え、オルガスムスに達すると、
子宮頸管から強いある解離性の頸管粘液が分泌されます。

 

ですので、

酸性度が低ければ、男の子になるY精子が有利

酸性度は高ければ、女の子になるX精子が有利

なります。


ですから、男女の産み分けに関して、

排卵日の特定と、の方法は特に重要だと思われます。

 

男女の産み分けを成功させる方法 誰も知らなかった産み分けの法則

 

>トップページへ

 

ネットショッピングはアマゾンへ

Yahooショッピングなら安心購入


Copyright(C) 2006 Umiwake.net All rights reserved.